石垣島の本マグロとバウムクーヘンと寿司の作り!

投稿日:

2017.7.8

今回は、石垣島は天気がぐずついてるので料理して遊びます。

あの名人の海人三郎さんに会ってから自分の狩りと料理にもっともっと真剣に取り組もうと言う事で、いつものスーパーにふらっと立ち寄りました。

6月の中旬から下旬まで石垣島の魚屋には最近本マグロが並んでいます。

石垣島の魚屋の本マグロ

石垣島では、だいたい1000円前後で赤身と中トロのミックス盛り合わせが買えます。

自分が良くいくスーパーカネヒデにもパック入りで刺身が並んでいますが、何故か大トロや頭、ナカオチがありません。

いつもお世話になっている、おばぁに聞いたら那覇から送ってきている、マグロで3枚おろしにした身だけが来ているようです。

ならば、あの部分は出してないはず!!

尻尾の近くのカマトロ

おばぁー、尻尾の近くやカマトロはないの??

と思って聞いてみると、バックヤードから良い物を持ってきてくれました。

的中です!!

この部分は魚屋ならありがちで、自分達が食べたりするんですよね。

これが本マグロのカマトロの原体です!!

使いにくい部分ですが美味しいんです。

本マグロのカマトロの原体

5000円相当を3000円でOK!!と言う事なので即決しました!!

 

おばぁ!ありがとうぅー!!

 

マグロの赤身はそろったし、トロもある

骨をよけて筋繊維を上手くほぐしながら切り分けると結構いいのが取れました!!

こいつをメインに!!

ならばやっぱり寿司かな??

マグロの赤身はそろったし、トロもある!

狩りに行く

ならば他の材料は・・ない・・狩りに行くしかないでしょう!!!

ハコフグ、小さいミーパイ2匹、アヤコショウダイ1匹、頭を落としたイスズミ、ミヤコテングハギ

数時間後、こんな感じになりました。

上からさばき済みの状態ですがハコフグ、小さいミーパイ2匹、アヤコショウダイ1匹、頭を落としたイスズミ、ミヤコテングハギです!

特にハコフグは身が純白で美しく、料理映えする魚です。

メインは寿司、ならばあら汁は当然作るとして・・・他のメニューはどうしようか??

そういえばハイサイ探偵団でバウムクーヘン作っていたな、と言うかはるか前から作ってますので、サクッとバウム!

と言うわけで久しぶりにアレ作ってみました。

永山琉:バウムクーヘンレシピ

バウムクーヘンレシピ

・ホットケーキミックス600g
・卵7個  
・100円バニラアイス1つ
・砂糖250グラム
・マーガリン250グラム
・サラダ油100
・水が適量

バウムクーヘン焼き方

バウムクーヘン焼き方

上記の材料を混ぜ、生地を作って焼き上げまでなんども巻いて2時間かかります。

生地を作って焼き上げまでなんども巻いて2時間

しっかり焼かないと焼いてる途中で剥がれ落ちる場合があるし、かといって焼き過ぎると水分が抜けすぎてバサバサになるので注意が必要です。

バウムクーヘン焼き方

結果として今回は何となくうまく言った感じです。

バウムクーヘン

イマイチ確信が持てないのが炭火の見た目で火力を判断しているので数値化できていません。

がこんな感じです。

この日のメニューは、

カマトロ、中とろ、アヤコショウダイ、ハコフグ、ゴマモンガラ、卵焼き、オクラ、パプリカ、焼きナス、シャコガイ、タカセガイを握り寿司や軍艦にしました。

寿司や軍艦にしました

今日の寿司職人は同僚の女性です!

自分の太すぎる指は寿司

握り方を指導したところめきめきと腕を上げ上手くなっていきます。

自分の太すぎる指は寿司向きではないようですな・・・

 

今日の寿司職人は同僚の女性です!

サイドメニューはあら汁と唐揚げ。

デザートはバウムクーヘンと豆腐とパッションフルーツのタルトです。

久しぶりに寿司メインの食事会!!

寿司メインの食事会!!

色々上手くいったので自分も結構などや顔になってしまいました、スミマセン。

ちょっとまた自分自身の料理レベルが上がれたのか??

まあ、まだそれはわからないことですね。




↑ 島まで無料でこれて、給料までもらえて食事やアクティビティまでついてる所もあるよ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ASOBI-master

ASOBI-master

石垣島を愛し、石垣島で色んな遊びを追求するチーム「石垣遊び」のスタッフ! 実は中の人は一人じゃありません! そのうち分けようと思ってます、すみません!

-料理
-, , , , , ,

Copyright© 石垣・遊び , 2018 All Rights Reserved.