【アート】島の絵を描く!果物の看板




先日、陶器を焼くときの釜の解体後のレンガを貰いに行った時の話です。

レンガを置く場所を提供していただいた大家さんと色々話をしていると「突然でスマンが君に頼みたい事がある。」と言われました。

果物の看板作り

大家さんが「ここで果物を売ろうと思っているが文字だけの看板だとどうしても華やかさに欠けるので、君に手伝って欲しい事がある。

前はロボット(モビルスーツ)を描いたじゃないか、果物をいっぱいの看板を描いてくれないか?」と、久しぶりの看板依頼です。

下書き開始

久しぶりだけど作業手順はばっちりです!!

簡単に構成を考え、下書き開始です!!

もう細かい話は抜きです!ガンガン行きます!!

やり始めたら、一気にやってしまうほうが絵は仕上が良いのです!!

絵付け

大まかなに色をおいたら、後は黒で強調します!!

 

さて下書き完成!!

これを拡大しますが、アナログな自分なのでPCでは出来ません!

いつもどおり座標を打ち、大家さんの依頼でスイカも書き加える事にしました。

座標を打ち・拡大

 

仕上げ

色を置いたら後は一つ一つ描き込みをしていけばいいのです。

現段階では黒を入れずに立体感を出していきます。黒に頼ると出来上がりが早くなってしまいアラが出てしまいがちです。

ある程度進んだら黒を入れていきます。流石!一気に印象が変わりますね!!

離れては確認して、描き加えては離れての繰り返しで全体を見て仕上げていきます。

完成

黒を入れた後は、白を入れます。

影の次は光を入れるというわけですね。

これにて完成ですね。

最後に、

下書き3時間、本番約6時間、

使用した色は白、黄、青、赤、黒の5色をその場で混ぜたり薄めたりで色を造って塗りました。

自分の看板は塗りが薄いので何重にも表面をコーティングしないといけないのでもうちょっとかかります。

依頼はこれだけではありません後2枚描かなくてはならないから頑張るデス!!

久しぶりの看板もいいものですね(^0^)




↑ 島まで無料でこれて、給料までもらえて食事やアクティビティまでついてる所もあるよ!

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ワイルドベンケイ

rituonagayama

ベンケイ 八重山諸島のフィールドを研究しながら色んな探索・狩り・料理・絵とかなりワイルドに多彩な才能を繰り広げるエンターティナーな存在 遊びのメンバーもベンケイさんと海に一緒に行くと自然の知識が多くて面白く、海へ行くとモリ持って、一人でテンション上がってどこかに見えなくなり、魚と共に戻ってきます。 山は山菜や、生き物を捕まえては料理して、料理のバリエーションも半端ないです。 あの、ナスDと良い勝負するだろうなと思いながら、いつか対決出来る日がくるのを望んでおきます。

-サバイバル, 物作り
-アート, 作る, 果物, 看板, , 絵付け

Copyright© 石垣・遊び , 2019 All Rights Reserved.