【川の狩り】大ウナギ、手長エビを捕まえて、おいしく料理!

更新日:

2016.6.26

最近、新たな情報で見つけた川のポイント

今回の遊びは、石垣島の川で獲物を捕まえておいしく料理しようではないかと!

誰もが知る!秘密のポイント。秘密じゃないか、、、

川幅狭く普通の人も簡単に狩りが出来てしまう場所です、、、なので、

「こりゃあ、今年入った素人な新人の同僚誘って川に狩りを行かねば!!」というわけで、愛車の軽自動車にレベル低いミート君の男4人で島の川の狩りポイントをめぐりました。

石垣島の川の狩り

簡単に狩りができるとはいうものの、エビの動きに慣れるまで何度か空振りもありましたが、徐々に狩りスキルを上げて大物を見ても慌てずじっくりと狩ることができるようになりました。

1m超の大ウナギ

なんだかんだ、沢山捕獲!

川の獲物で料理

オオクチユゴイ

1m超の大ウナギ、オオクチユゴイ、あとは大き目の手長エビ!!

オオクチユゴイは唐揚げにしてみましたが、何とも癖も臭みもなくいける味です!

大ウナギのかば焼き

久しぶりの大ウナギですが、やっぱりかば焼きが一番

久しぶりの大ウナギですが、やっぱりかば焼きが一番だろう!

ということでまっとうな手順を踏んで作ってみました。

醤油ベースの甘いタレで煮込み、ウナギの味を抽出

骨を焼いてあらかじめ作っておいた醤油ベースの甘いタレで煮込み、ウナギの味を抽出します!

大ウナギの粘膜とウロコをはぎ取る

大ウナギの粘膜とウロコをはぎ取るのは何とも手間のかかる作業だったのでどうにかならないか??

と模索し、思い付きで熱湯を表皮にかけたら上手い具合に綺麗にはぎ取ることができました。これはこれから大ウナギを料理する方にはぜひお勧めです。

何年か前に大ウナギが固すぎてあまりおいしくないと書きましたが、あの時は焼きが不十分だったと思います。

ウロコをしっかりとった皮を七輪と炭火の高温でじっくりと焼き上げたらあまり気にならないようになりました。

「これは・・イケる!川魚メインで食事会を組める!!」と確信し、
メニューを考えることとなりました。

けど、ウナギ1匹だけじゃあちと物足りねえ!というわけで後日ソロでの川狩りに出かけました。

その結果・・・

狩りの方法はやはりモリで狙い撃ち

狩りの方法はやはりモリで狙い撃ちです!

弱点である心臓や脳を狙っても恐るべき生命力で致命傷を与えても絶命するまで時間がかかりました。

これでウナギは十分な量を確保できましたが、ふと寄ったスーパーでお買い得な牛肉があったので思わず衝動買い!

サクラマス・スモークドローストビーフ

早速塩麹と醤油ベースのソミュール液を作り4日漬けてから燻製にしました。

スモークドローストビーフです!

同時期に職場の上司から北海道で釣ったたいそう立派なサクラマスを丸ごと頂きました。これはもう、刺身しかないでしょう!

さて食材がそろいました!

メニューはローストビーフサラダ、サクラマスの刺身、手長エビの茶わん蒸し、サクラマスの骨のから揚げ、大ウナギ丼です!

スモークドローストビーフ

狭い台所に男ばかりのシェフがそろってガンガン作ります!!

やはりブギョウ君のセンスが光る盛り付け!

今回も勉強になりました。

ローストビーフサラダ、サクラマスの刺身

自分も刺身を盛りつけ、フク君がウナギのかば焼きを仕上げ、ハンさんが皆にジンジャーエールを配ります。

ウナギのかば焼きを仕上げ

サクラマスとローストビーフです。

地鶏のスープと手長エビの殻から取った出汁を合わせて卵と合わせた茶碗蒸し

地鶏のスープと手長エビの殻から取った出汁を合わせて卵と合わせた茶碗蒸しです。

中身の具は手長エビ、地鶏モモ肉、ギンナン、エノキダケです。表面に浮いているのはエビの色素で染まったオリーブオイルです。

そしてメインは・・・・

ひつまぶし風

七輪を置き、タレをつけて2度焼き

ガスコンロの上に七輪を置き、タレをつけて2度焼きでOK

土鍋で炊いたご飯の上にかば焼きをぶち込みます

土鍋で炊いたご飯の上にかば焼きをぶち込みます!!

薬味にネギ、青じそ、わさびでひつまぶし風にやるのもいい感じです。
他にも

サクラマスの骨&アバサー&アスパラガスの唐揚げ

サクラマスの骨&アバサー&アスパラガスの唐揚げ

炭火焼アスパラです。

料理が今は上手く作れるようになるのは楽しい

最後に、すっぽん

新しい仲間と狩りができたことと、以前上手くいかなかった料理が今は上手く作れるようになるのは楽しいものですね。

最後にまたこいつが狩れました。

石垣島すっぽん料理

 

次回は、美味しかったサクラマスのお返しにすっぽん料理でお返しをしますね。




↑ 島まで無料でこれて、給料までもらえて食事やアクティビティまでついてる所もあるよ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ワイルドベンケイ

rituonagayama

ベンケイ 八重山諸島のフィールドを研究しながら色んな探索・狩り・料理・絵とかなりワイルドに多彩な才能を繰り広げるエンターティナーな存在 遊びのメンバーもベンケイさんと海に一緒に行くと自然の知識が多くて面白く、海へ行くとモリ持って、一人でテンション上がってどこかに見えなくなり、魚と共に戻ってきます。 山は山菜や、生き物を捕まえては料理して、料理のバリエーションも半端ないです。 あの、ナスDと良い勝負するだろうなと思いながら、いつか対決出来る日がくるのを望んでおきます。

-サバイバル, 料理, 狩り
-, , , , , , ,

Copyright© 石垣・遊び , 2018 All Rights Reserved.