塩なんてどれも一緒でしょ!石垣島の塩を比較してみた!




おーりとーり♪

塩と言えば当たり前のように日常使いしていて、いつもそばにあって料理の時に何気なく取り出して使っているだけ、ということはありませんか?

今回は、沖縄・石垣島にある様々な塩について、じっくり味わいながら使い方などを調べてみました。

島の方言で“まーすー”とは、島では塩のことを言います。

新しい発見があって、いつもの塩の使い方が変わるかもしれませんよ。

なぜ沖縄をはじめ離島・石垣島の塩は
甘く美味しく感じるのか?

黒潮の暖流はプランクトンをはじめ微生物を分解する力があり、その流れから海の透明度を上げます。

そこからの珊瑚礁の塩田はカルシウムを含み、甘味をより感じやすく美味しいと言われています。

 

 

FUNAKUYA(フナクヤー)の塩

日本で多様な珊瑚が生息しているエリア・八重山石垣島の天然海水を火力、動力を一切使用しないで作り上げられた天日海塩です。

塩匠が丹精込めて仕上げた塩は素材の味を引き立てる奥深い味わいです。

FUNAKUYA(フナクヤー)の名づけ由来は、舟越屋からきていまして、当時の北部伊原間半島のある地名で、この地域の海人はサバニを担ぎ越して漁をしていたことから舟越と呼ばれ、海岸には漁のための番屋が建てられました。

そこから舟越屋(フナクヤー)と呼ばれるようになり、現在ではフナクラハーリーという地元海神祭りの名の残りがあります。

HUNAKUYA(フナクヤー)の塩は、自然を慈しみ、人を慈しむ、思いやりの心が詰まっているのです。

 

さんごマース

ゆがふ商会のさんごマースは、風化したサンゴカルシウムを微粒にしたものを海洋深層水と合わせた塩で、カルシウムと鉄分が豊富です。

料理全般に使えますが、特に脂肪分の多い白身魚や、ステーキにもよく合います。
おにぎりにも生野菜、魚、肉にも合い、水に入れたらミネラルウォーターになりますよ。

パッケージにチャーガンジューと表記されていますが、いつも元気で!という島言葉

 

石垣の塩

沖縄離島の塩、まずはブランドにもなっている“石垣の塩”の紹介

工業地帯がなく海を汚すことのない、この美ら島でとれる海塩は直接海水から汲み上げたものを職人が時間をかけて釜炊きし、製品にしています。

カリウムやマグネシウム、ミネラル成分が含まれており、スーパーの精製塩とは味わいが異なり、ひとたびその味を知ると手放せなくなるような美味しさです。

石垣の塩は名倉湾の海水から作られていますが、ここはラムサール条約に登録されており、国際自然保護区に指定されています。

本ショップでは塩づくり体験もでき、工場も併設されていて塩製造を見学できる楽しみがあります。塩職人が作った石垣の海の味は地元のお土産屋さんに並んでいますし、ネットでも手軽に購入できます。

石垣島空港にもコーナーがあり、観光で買い忘れた時はそちらでも購入できます。

天日塩

石垣島でとれた海塩を天日干しにしたもの。甘みがあり、料理全般に使えます。

おむすび、ふかしたじゃがいも、根菜類、塩レモン、塩こうじ、パン作り、お菓子作り、味噌作り、漬物、スープなどにもよく合います。

石垣の焼塩

石垣島でとれた海塩を、釜の中で水分を飛ばし焼いたもので料理全般に使えます。

料理の他にも、バスソルトやボディソルトとして使えます。島のハーブを細かく刻んで塩と合わせたオリジナルソルトもいいですね。

新月の塩

新月の光りを浴びた塩

お料理にもバスソルトやボディソルトとしても使えます。

満月の塩

満月の月光を浴びた塩

新月の塩と同様、使い勝手の幅がアイデア次第で広がります。

色んなテイストの塩

石垣の塩から出ているオリジナルテイストの多様な塩は、見ていても選ぶのも楽しい

ハイビスカス塩

ハイビスカスの花を乾燥粉砕したものが混ざっていて、ドレッシングや、アイスクリームなどに幅広く使えます。

塩胡椒

卓上塩が販売されているため、定番の炒め物などにも使いやすくなっています。

ゴマ塩

長寿の島・石垣島産の黒ゴマを使用しているゴマ塩

お赤飯やご飯のおともにも、とても美味しいです。

 

結果としてどれもいっしょだなんて言ってすみません!

石垣島産の塩、いかがでしたか?

天然の風や日光の恵みを抱いた珊瑚礁の海から、じっくりと時間をかけて仕上げた塩の味は、今までの塩の価値観を越え、美味しさと時間を運んでくれます。

関心がなかったけれど島に来て塩の味に触れ、ちゃんと選ぶようになったという観光客の方は意外に多い

また、おむすびを作る時、人により塩梅が変わるように量も味もそれぞれの好みがありますので、実際に味見したりすることがポイントと言えそうですね。

あなたも石垣島で美味しい塩に出会ってみませんか?




↑ 島まで無料でこれて、給料までもらえて食事やアクティビティまでついてる所もあるよ!

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ASOBI-master

ASOBI-master

石垣島を愛し、石垣島で色んな遊びを追求するチーム「石垣遊び」のスタッフ! 実は中の人は一人じゃありません! そのうち分けようと思ってます、すみません!

-お土産
-サンゴ, マース, , 石垣島

Copyright© 石垣・遊び , 2019 All Rights Reserved.