石垣島北部に住んで分かったこと




はいさい!

石垣島の北部に住んでみたいけど、どんな感じ?

買い物とかスーパー近くにある?

ご近所さんとの付き合いも多い?

など、石垣島の市街地よりも離れた北部に住みたいけれど実際にはどんな暮らしになるか不安、という方もいるのではないでしょうか。

今回は石垣島の北部に住んで感じたことや、生活サイクルなどについてご紹介します。

※あくまでも私個人の感想です。

買い物事情

石垣島の北部にはスーパーやコンビニはありません!

食材などの買い物は基本的には車で45分くらいの市街地まで行き、大量買いをしてきます。

ただ、北部には商店がいくつか開いていて、商店にもよりますがカップラーメンやパン、飲み物、鮮魚なども置いてあります。

値段は北部価格で少しだけ割増のような気がしますが・・・。

最近では明石地域の商店がリニューアルオープンし、品数も多くなり、お弁当も置かれるようになって便利になりました。

石垣市が運営している「HOBO」

また、石垣市が運営している「HOBO」も北部では人気です。

(八重山毎日新聞より)
買い物に行くのが難しいお年寄りなどの為に、隔週で北部地域を回っている移動販売車です。

このように、北部も少しずつ開拓されて新しいお店も増えています。

マックスバリューできないかなー?なんて非現実的な願望を抱いております^_^

インターネット事情

北部に住むのに欠かせない環境のひとつにネット回線があると思います。

北部には光回線がまだ来ていません。

そのため、石垣ケーブルテレビと契約しないとネット回線は確保できない状況です。

近いうち北部にも光回線が通るという噂もありますが、いつになることやら。
あまり期待せずに待ちます。

ご近所付き合い事情

これについては皆さん結構気になるのではないでしょうか?

いざ住むとなっても周りのみんなは受け入れてくれるのだろうかと不安にもなると思います。

幸いに、私が越してきた地域では皆さんとても良い方ばかりです。

いつも声をかけてくださったり野菜や魚などのお裾分けをいただいたり、とても親切にして頂いています^_^

他の北部地域に住んでいる方も、近所の人たちとは仲良しという話もききます。

市街地のアパートなどに住むとご近所付き合いもあまり無いかもしれません。

ですが、北部は世帯数もあまり多くないので皆で協力していこう、という感じがあります。

特に子どもは大事にされ、まるで本当の孫のように接してくれ、とても可愛がってくれます。

子ども達は友だちの家を行き来し自分の家かのように遊びに来るので、昔の玄関開けっぱなしの時代のような感じで楽しいです。

地域行事

地域行事って正直面倒くさいなんてことも思っちゃいますよね。

でも参加してみると地域の人たちと色んな話が出来たり、地域の情報が得られるチャンスでもあるのです!

主な地域行事は、豊年祭や敬老会、ビーチクリーンなんかもあります。

特に豊年祭は大事な行事で、地域にもよりますが、余興など1ヶ月ほど前から準備が始まります。

当日は地域外からも沢山のお客さんが参加するのでとても賑やかなお祭りになります。

一部の北部地域では豊年祭のない地域もありますが、

その地域では北部三大祭り(野底つぃんだら祭り、明石エイサー祭り、星野夏祭り)というお祭りで賑わいます。

このようなお祭りに参加し地域の活性化を目指して皆が協力することで、北部での生活も楽しくなるのではと私は思いました。

お祭りの他にも、小学校や幼稚園の運動会も地域の人たちが集まります。(自分の子どもが出てなくても)

北部地域は子どもの人数が少ないので運動会も子ども達だけで盛り上げるのは大変になります。

そこで地域の人たちも参加して更なる盛り上がりをみせます!

内地や石垣市街地ではあまり体験できないのではないかと思います。

フラッと遊びに来ても「参加したらいいさ〜」って感じなので誰でも楽しめます。

しかも景品付き笑

私は1000m走に出ましたが辛すぎて棄権しました笑
恥ずかしい…。

部落費事情

地域行事を行うにはお金が必要、ということで部落費なるものが徴収されます。

この金額は地域にもよりますが、うちの地域は年間2万円ほど。

最初は「高っ!!」と思いましたが、これも部落の活性化の為と思って払います。

その地域でうまくやっていく為には出費も免れません。

それ以上に周りのみんなの優しさや行事の楽しみがあるので。

 

住宅事情

北部への移住で最も重要な問題が、そもそも住む家があるのかどうかではないでしょうか。

実は私もこの問題にぶち当り、数年間は市街地暮らしをしていました。

運良く今の家を見つけることができましたが、この問題は北部に住みたい人なら必ず通らなければいけない問題だと思います。

実際、今空き家があるのかと言うと、空き家はあります。ですが、それをナイチャーに簡単には貸してはくれません。

かと言ってアパートがあるかと言われたら、現状はほとんどありません。

一部の地域にはありますが、やはり人気で空室が出るとすぐに満室になる状況だそうです。

北部に人を増やしたいと言いつつも家がない状況、アパートがいくつか建てばなぁと密かに思ってます。

娯楽事情

スーパーやコンビニがなければ、パチンコや呑み屋もありません。

その代わりと言っては何ですが、北部での娯楽はなんと言っても「自然」です。

誰もいないビーチがそこら中にあり、夜になれば満点の星空が眺められ、それを見ながらビールを一杯なんて極上の癒しです。

昼は浜で釣りをしているおじぃもよく見かけます。山へ入れば虫や動物たちもたくさんいてワクワクすること間違いなし。

自然と隣り合わせの毎日を過ごせるのが北部の魅力の一つでもあると思います。

虫、生き物事情

石垣島にいる虫や生き物は南国だからか、とにかくデカイのが多いです。

とくに北部は…。

窓を開けっぱなしにしようものならバッタやらナナフシやら色んな虫が入ってきます。

もちろんゴキブリだっています。

でもこの虫を駆除してくれるのがヤモリさんです。

ヤモリさんの主食は虫、そのお陰でゴキブリも見なくなりました。

虫やヤモリが苦手〜でも北部に住みたい!という方へのアドバイス。
「人間慣れます!」

私も初めはゴキブリが出れば一々ギャーギャー騒いでましたが、最近では見つけた瞬間にスプレーしてペーパーで掴みトイレに流せるようになりました笑

これは私自身も驚くほどの成長です。

虫も意外と慣れると可愛く見えてくるから不思議です。

生き物も、オカヤドカリやヤシガニ、カエル、ハブなど沢山見ることができます。

特に夜出てくることが多いので夜道を歩くときは必ずライトを照らしながらでないとカエルを踏んだり、なんてこともしばしば。

うちのゴキブリホイホイには小さいヘビが掛かっていたこともありました。

こんな自然豊かな北部に住めてとても贅沢気分です^^

最後に

石垣島北部の魅力はここでは書ききれない程沢山あります。

実際、北部に住んで分かったことは自然の力は何物にも変えられないほど素晴らしいという事でした。

都会の喧騒を離れて田舎暮らしがしたいとかよく言われますが、北部に住んだらもう都会では暮らせません!

石垣市内でも大都会と思ってしまうくらいに。それくらい北部は静かで、家にいれば聞こえてくるのは蝉の声と風の音、夜にはカエルの大合唱も聴けちゃいます。

私はこんな暮らしがしたかったから石垣島に来たので、夢が叶ってた今とても幸せです!

皆さんも興味があれば是非一度、石垣島の北部へ足を運んでみてください。
私はいつでも北部で待ってます〜笑




↑ 島まで無料でこれて、給料までもらえて食事やアクティビティまでついてる所もあるよ!

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ASOBI-master

ASOBI-master

石垣島を愛し、石垣島で色んな遊びを追求するチーム「石垣遊び」のスタッフ! 実は中の人は一人じゃありません! そのうち分けようと思ってます、すみません!

-石垣島, 移住
-北部, 明石, 石垣島, 買い物

Copyright© 石垣・遊び , 2019 All Rights Reserved.